2008年09月01日

名産地・品質

黒にんにくの名産地・田子町の品質

黒にんにくの原料はもちろん、にんにくですが、そのにんにくの名産地が青森にある田子町なのです。

田子町の名産がにんにくで、特に質のいいにんにくがとれるところから、黒にんにくの材料のほとんどは田子町からです。
田子町の風土がにんにくを育てるのに合っていて、そのにんにくを黒にんにくにして青森で売り出したのが、黒にんにくの始まりです。


黒にんにくになるためには、質の良いにんにくを選ばなければなりませんから、田子町のにんにくの品質の良さを買われて、黒にんにくは生まれたのです。


黒にんにくにするために、最適なにんにくが取れる田子町は、いままで地味な存在でしたが、黒にんにくブームで注目が集まっています。
良質で肥沃な大地と、絶妙な温度差から、良質なにんにくが取れるために、何が何でも田子町産の黒にんにくにこだわる人も多いようです。


黒にんにくでも高級品といわれている黒にんにくは、ほとんど田子町産のにんにくを使用していることが多いようです。
田子町産のにんにくは粒が大きく、糖度が高いために、良質な黒にんにくを作り出すのに最高なのです。


黒にんにくの名品「愛ちゃん」も田子町産のにんにくを使用しているようで、そのおいしさは格別なのだそうです。
いまや田子町は単なるにんにくの名産地というだけではなく、黒にんにくの材料を仕入れてくる町として有名です。


中国産のにんにくを使った黒にんにくもありますが、やはり人気が高いのは国産の、それも田子町産のにんにくで作られた黒にんにくなのです。


黒にんにくはやはり素材にもこだわってほしいという、リピーターも少なくありませんから、黒にんにくを作るには田子町産のにんにくを選んでいるようです。


黒にんにくについての情報をサイトやブログ、掲示板で集め、今、売られている黒にんにくの原産地を調べて見てもいいですね。
やはり食の安全も関係しているとは思いますが、味や大きさから黒にんにくの材料は田子町産のにんにくが一番なようです。


田子町もこれからどんどん立派な形で、糖度の高いにんにくを生産して、おいしくて健康とアンチエイジング効果に優れた黒にんにくを登場させていただきたいものです。

黒にんにくの材料であるにんにくの名産地、田子町はまず土壌からにんにく栽培に適した畑を作り出すところから始めたそうです。
だから身が締まっていて、大きく、糖度の高い、おいしいにんにくが取れ、それが黒にんにくになっていくのです。

まさに贅沢な土壌と、田子町独特の気候が生み出したにんにくは、黒にんにくの材料となるのにぴったりです。
田子町ならではのにんにくを使っているからこそ、グレードの高いおいしい黒にんにくが出来上がるのでしょう。


良質な材料でなければ、良質な健康食品は生まれませんから、まさしく良質なにんにくを生み出している田子町のにんにくあってこその黒にんにくなのです。
posted by しげちゃん at 09:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。